coomomo diary

うさぎ作家の暮らし

笑って泣いて♪

先週、日曜日の午後 同級生3人で銀座に集合。

楽しみにしていた落語の日でした。

「志の輔らくご リバイバル 大河への道ー伊能忠敬物語」に
行ってきました。

もう……とってもよかった。(自分の言葉の陳腐さにビックリ >_<。。)
でもね、ホントそんな感じだった♪ 





伊能忠敬って名前は日本史で習った記憶はうっすらあるかと思いますが
私は日本地図の人???くらいな知識しかなかったの。

志の輔さんが伊能忠敬に魅せられたいきさつから
伊能忠敬の偉業を大いに伝えてくれる2時間でした。
(2時間休憩なしのプログラムにはびっくりでしたが
ホント あっという間に感じましたよん)


当時の人の寿命が50歳くらいだったそうですが
その年齢から「地球の大きさを知りたい」の一心で天文学者に弟子入りし、
その後17年徒歩で距離を測り 日本中を歩き測量をし、
そのデータを基に 
それまで 誰も自国のあり様を知らなかった時代に日本地図を書き上げたそうです。
出来上がった地図は 現代の地図と重ねても
本当に完成度が高くて驚かされますよー。


簡単に書くと こんななんですけどね…
ひとりの人物と取りまく人々が抱いた夢を実現していく世界に
大いに引き込まれました♪

笑って笑って…
そして最後はホロリと涙するような落語は初めてでした。


ホントに競争率の高いチケット(それもすごい席!)を取って
誘ってくれた友人に感謝♪

伊能忠敬…先日までの私の人生には無縁だった人だけど
これから 日本地図を見るたびに
彼の偉業を思い出し 心温かくしてくれる親しみのある人物になりました。

体験って宝物だね… 


昼の公演だったので 早めの晩ごはんを♪と言っていたのに
17:00openのお店に17:00前に入れていただき
ラストまでいた ありがたくないお客の私たち。
相変わらず おしゃべりするネタはいくらでもあります (笑)

…ということで ことちゃんはお昼から夜遅くまでお留守番。
(ちなみに 夫クンがお世話&投薬まで全般を請け負ってくれてましたが…)

帰ってから 夜中の3:00くらいまで
私にピタっとくっついて離れなかったことちゃん…
ケージに入れても 入れても くるっと慌てて飛び出してきて
私のお布団に入ってきてしまって…(苦笑)
「ゼッタイ ハナレナインデシュカラ!」の心意気に胸打たれ
罪滅ぼしに ずっと撫でつづけたのでした♪

ことちゃんにはかないません…

06jul_11_1.jpg


「ママ、イナカッタブンダケ コトチャント イナクチャダメナンデシュカラ!」
by:主張することりちゃん

 おでかけ

0 Comments

Leave a comment