coomomo diary

うさぎ作家の暮らし

ごあいさつ (追記***)

3月7日 22:45
ことりちゃん、息をひきとりました。

ことちゃんの背中の羽根は 小さな天使の羽根になります。
07mar_12_1.jpg

最後まで 穏やかで いい子で かわいいことちゃんでした。
息をひきとる1時間前 眠そうな表情がかわいくてシャッターを切った1枚です。


これまで ことりちゃんを愛してくださった皆さま。
ありがとうございました。

私たちはとてもとても幸せでした^^



(追記)

ことりちゃん、ここのところあまり調子は良くなかったのですが…

今まで 何回も何回も…数えきれないくらい
復活してくれていたので
今回も ゆっくりケアしていけば大丈夫だと思っていました。


午後 お薬を飲んだら 食欲も出てきて
夕方と19:00過ぎ 2回 大好きな小鳥用のシリンジで
ごはんを食べさせせてあげたら おいしそうに食べてくれました。


ちょっと様子がおかしいかも?と思ったのが20:30すぎ。

念のため…くらいな感じで
夫クンとばーばちゃんにメールをして…
hiroさんがすぐ電話をくれたので
愛しのhiroさんの声も 電話越しでしたけど ことちゃんに聞かせてあげられました。


夫クンが帰宅後、いちごを買ってきてくれて…
切ってあげたら スクッと起き上がって普通に座って 
とってもおいしそうに食べました。
最後にひとつのいちごをことちゃんと私で半分っこで食べたんですよ。


それから ほんのわずかの間に 身体に力が入らない感じになってきましたが
亡くなる直前、力を振り絞って 私の周りを1周走って…

そのまま 立っていられなくなって…
横になって最期を迎えました。

横になっている間も 私のことじっと見つめて
ホントに最後まで 生きることをあきらめていない目をしてました。

…たぶん 私のこと心配していたと思う(涙)


もうずいぶん前から ことちゃんに「がんばれ」は言わないことに決めていました。
精一杯がんばってくれているのを 知っていましたから。
苦しむことも 痛みもなかったはずです…

ママは大丈夫!心配しないで…ずっと一緒にいられるよって
言ってあげられてよかった。

ことちゃんが好きだった歌も歌ってあげられてよかった。

夫クンと一緒にナデナデしながら 送れてよかった。

ことちゃんを守りきれて… ほんとによかった。
そう思わせてくれて…ことりちゃん ホントにありがとう。



最後の最後まで ことちゃんはママの王子さまでした(^-^)



 ことりちゃん