coomomo diary

うさぎ作家の暮らし

現実逃避

できるだけ 心穏やかに暮らしたいと思っていても
自らの意思にかかわらず そうもいかない日というのもあるもので・・・

ま、そんな1日だったんですけどねー

たまたま うさぎ制作はお返事待ちが数件あって
作業がない1日だったので もうこういう日は本を読んで暮らそうと思ったわけです。

ホントに私は 本さえあれば その日は現実にいなかった人になれるので
とっても助かります…笑
私にとっては「現実逃避」という言葉より 遠いところに行っている気が・・・(^-^)

それも!読み始めてみたら 驚くほど 今の私に必要なメッセージがいっぱいな本で、
しかも 全然違う作家の本が2冊ともそうだったので驚きました。
どういうことでしょう?

図書館で10冊以上まとめて借りてきて
バスケットにゴソッと入れてある中から 適当に手にとった本で
深い意図があって読んだものではなかったので 驚きも倍増。
怖いくらいでした。

本を書く作家さんっていうお仕事はすごい!
何もないところから 生み出す力は半端じゃないことでしょうね・・・


遠いところにいっていた私ですが(笑)
ことちゃんのそばにはいたので ちゃーんと時間には声をかけ、
お世話をし、遊びましたよ。


それなのに 私がいつもより遠いところにいたのがわかるのか
「ドコニイッテタデシュカ?」的に ブゥ!と力強く現実に引き戻してくれることちゃんです。
03sep_09_1.jpg


ことちゃんは日々、たくましく生きてるね・・・
ときどき ちょっと尊敬の目で見てしまうときがあります。
うらやましくもあり・・・笑


「ママ、ホンバッカリヨンデルト カタコリニナリマシュヨ・・・」
by:かけっこでもしたほうがいいと思うことりちゃん

 ことりちゃん

0 Comments

Leave a comment